離職率が低いCADオペレーター求人

CADオペレーター求人TOP >> 離職率が低いCADオペレーター求人

離職率が低いCADオペレーター求人

日本には第二新卒と呼ばれる学校を卒業して就職しても、入社から3年以内に離職する若者の存在が問題になっています。カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングなどは、離職率があまりに高いためにブラック企業ではないかとマスコミでも話題になりました。実は日本では7・5・3現象と言う言葉があり労働白書の調べで、中卒の7割が入社から3年以内に離職することが分かっています。同様に高卒の5割と大卒の3割が、入社から3年以内に離職しています。

しかし中には人材活用の重要な項目として新卒の定着に力を注いでいる企業も多く、ビジネス誌「東洋経済」ではCSRを積極的に行っている企業の定着率を調査しています。CSRとは「corporate social responsibility」の略称のことで企業が利益を追求するだけでなく、顧客・株主・社員・取引先・地域社会などとの関係を重視する社会的な責任を示します。具体的には高品質で安全な商品やサービスを提供することや、環境への配慮や社員に対する責任や育成なども含まれています。
東洋経済ではCSR企業1128社のうち最終学歴に関係なく、2009年4月に入社した社員の3年後の2012年4月の離職率を聴き取り調査し、全企業の平均の離職率は14%ととても低い数字でした。ただ業界によっても離職率に格差があり最も離職率が低かったのは電気会社とガス会社で、逆に離職率が最も高かったのはサービス業や小売業でした。その背景にはサービス業や小売業は土曜日や日曜日も仕事と言うところも多く、有給休暇も取り難いなどが理由として挙げられます。

CADオペレーターの場合も同じで給与だけでなく土曜日や日曜日が休みの完全週休2日制だったり、有給休暇の取得率が高かったする企業では離職率が低い傾向が見られます。さらに女性のCADオペレーターが多い企業であれば、出産休暇や育児休暇がある企業では離職率が低いようです。要はどれだけ企業が従業員を大事にするかで、その企業の離職率も随分と違ってきます。転職する際には給与や福利厚生面も大事ですが、離職率が低い企業かどうかをチェックすることも重要なポイントです。

離職率が低いCADオペレーターの求人を探すのであればこのサイトにあるマイナビエージェントや、リクルートエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの専任の担当者があなたが興味を持った、CADオペレーターの求人先の企業の離職率や社風なども教えてくれます。もちろんあなたが希望するような、CADオペレーターの求人の紹介も行ってくれます。

CADオペレーター求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.