正社員のCADオペレーター求人

CADオペレーター求人TOP >> 正社員のCADオペレーター求人

正社員のCADオペレーター求人

安倍首相が推進するアベノミクス効果で日本の景気回復が叫ばれていますが、その一方ではパートやアルバイトなどの非正規雇用の人数が過去最高になっていたことが判明しました。これは政府が実施している労働力調査で分かったもので、会社の役員以外の雇用者で非正規雇用者の割合が、前年と比べると1.4ポイント増加して36.6%になりました。具体的には男性の非正規雇用者の場合は1.4ポイント上昇し21.1%、女性が1.3ポイント上昇して55.8%となっています。

その内訳ですがパートとして働いているのが約928万人で、アルバイトが約392万人で契約社員が約273万人になっています。しかしなぜ景気回復の兆しが見え始めても以前として正社員の数が増えずに、逆に非正規雇用者の割合が増加しているのでしょうか?実はその背景として大きく2つのことが考えられます。一つはパートやアルバイトなどの非正規雇用は1990年代から増ていますが、この時期は正社員として働くよりもある意味で、自由なパートやアルバイトを選ぶ人が多かったのです。

好きな仕事が選べ好きな期間だけ働くスタイルは、20代の若い世代を中心に人気を博していきました。正社員として働くと残業や転勤も拒むことができませんし、責任ある仕事やプレッシャーがある仕事を任されます。もうつの理由は企業も人件費の削減とリスクを回避するために、正社員よりも非正規雇用者を積極的に採用してきました。日本には終身雇用や年功序列などの独自の雇用制度が存在していましたが、経済のグローバル化でこれまでのような経済成長を続けていくことが困難になっています。

CADオペレーターの求人も非正規雇用の派遣社員が多いのですが、景気回復を背景にマイナビエージェントやリクルートエージェントなどこのサイトの転職エージェントには、正社員のCADオペレーター求人もたくさん掲載されています。パートやアルバイトなどの非正規雇用と、正社員の生涯賃金の格差は億を超えています。さらに福利厚生面や退職金や定年後の年金などを考えると、同じ働くのであれば正社員として働く方が絶対に得です。

ただこれまで正社員を目指して転職活動をしても、厳しい現実の壁に拒まれた経験を持つ方も少なくありません。もし正社員のCADオペレーター求人を探すのであれば、このサイトに掲載されている転職エージェントに登録されることをお勧めします。正社員になるための応募書類の書き方から面接のアドバイスまで、転職エージェントの担当者が全て無料でサポートしてくれるからです。


Copyright (C) 2014-2017 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.