アパレルのCADオペレーター求人

CADオペレーター求人TOP >> アパレルのCADオペレーター求人

アパレルのCADオペレーター求人

矢野経済研究所が発表したアパレル産業白書2010によると、2009年度の日本国内のアパレル業界の市場規模は、前年と比べると7.8%の減少で約9兆612億円でした。その後もアパレル業界の市場規模は2010年は約8兆770億円と、少子高齢化で市場の縮小もあり低迷が続いています。日本アパレル業界の市場規模はここ20年間で、30%以上も縮小を続けていて厳しさを増しています。その背景には外資系アパレル企業の、積極的な日本進出があります。

2008年にはスウェーデンのカジュアル衣料会社「へネス・アンド・マウリッツ」が東京の銀座にオープンし、翌年にはアメリカの同じカジュアル衣料会社「フォーエバー21」が東京の原宿にオープンするなど、外資系のアパレル企業の進出が目立っています。これらの外資系アパレル企業の経営手法は最新のファッションをいち早く取り入れ、それを製造から販売まで一括して管理し低価格で販売するものです。そのため日本国内のアパレル企業は、外資系のアパレル企業との価格競争にさらされています。

自社ブランドの商品を企画製造から販売まで一括して行う経営手法はSPA(製造小売業)と呼ばれていて、日本のアパレルメーカーも次々と自社ブランド衣料のSPA化を押し進めています。その背景には百貨店での自社ブランド商品の売り上げが伸びず、SPAとして独自の販路を確保するしか生き残っていく道がないからです。ユニクロのブランド名でグローバル展開を行っているカジュアル衣料会社「ファーストリテイリング」もSPAで、特にユニクロはエルメスやルイ・ヴィトンと同じように製品の開発から生産管理まで全て自社で行っています。

アパレル業界ではパタンナーと呼ばれるファッションデザイナーのデザイン画を参考にして、データを入力し型紙を起こす職種がCADオペレーターになります。パタンナーがCADを使って作成したパターンが工場で裁断され、縫製されて商品として完成して店舗で販売されます。アパレル業界で使われているCADは東レから販売されている「クレアコンポ」が多く、次いでユカアンドアルファ社の「SuperAlpha Plus」に旭化成の「AGMS」の3社のCADがシェアを占めています。

その他にもコンピュータ横編機では世界でトップメーカーの島精機製作所の「SDS-ONE」などがありますが、いずれもパターンメイキング・グレーディング・マーキングなどの機能が付いています。アパレル企業の求人はこのサイトにあるマイナビエージェントや、リクルートエージェントなどの転職エージェントにも掲載されています。ただCADオペレーターでの求人ではなく、パタンナーという職種での求人になります。

CADオペレーター求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.