3次元CADのCADオペレーター求人

CADオペレーター求人TOP >> 3次元CADのCADオペレーター求人

3次元CADのCADオペレーター求人

CADソフトにも建築物や製品を平面の図面に起こす2次元CADソフトと、立体的な製図を行うことが可能な3次元CADソフトと大きく2種類あります。2次元CADソフトはXとYで製品や部品などの形状の立体を、正面図・側面図・平面図等の平面図形として製図します。それに対して3次元CADソフトはXとYとZで、パソコンのモニターなどに製品や部品の陰影を付けて立体的に製図します。

建築用の3次元CADソフトとしてはAutoCAD Revit LT Suite ・DRA-CAD・Autodesk Building Design Suite Ultimate・SkecthUP PRO・Vectorworks Architectなど様々な種類があり、例えばオートデスク社のAutoCAD Revit LT SuiteはBIMの導入と、移行を支援する3次元CADソフトです。BIMとは「Building Information Modeling」の略でこれまでの2次元で設計を行ってから3次元にするのではなく、パソコンの画面上に作成した3次元の図面の建築物のコストや仕上げなどのデータを構築したものです。

建物の設計や施工から維持管理までを3次元に活用するBIMの動きは世界中で広がっていて、オートデスク社のAutoCADの他にもグラフィソフト社のArchiCADや福井コンピュータ社のGLOOBEなどがよく知られています。福井コンピュータ社のGLOOBEは日本の建築法規に沿ったもので、BIMに対応した3次元CADを使用すれば簡単に3次元のモデルが作成できます。そして3次元のモデルの図面はその断面を、自由自在に作成し出力できます。設計の変更を行う場合でも3次元のモデルの変更が、そのままその断面にも反映されます。

国土交通省では2010年からこのBIMを官庁営繕事業に試験的に導入し、コストの削減や施設の品質確保を目指す取り組みをスタートさせています。3次元CADソフトは建築用だけでなく自動車や飛行機などの機械用でも活用されていて、機械の種類と形状によって大きくハイエンドとミッドレンジの2種類に分類されています。自動車や飛行機などはハイエンドで自動車メーカーではDassault Systems社のCATIA や、PTC社のPTC Creo Parametricなどが有名です。

3次元CADのCADオペレーター求人に興味がある方はこのサイトにあるマイナビエージェントや、リクルートエージェントなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者があなたのスキルや経験に応じて、3次元CADのCADオペレーターの求人の紹介を行ってくれます。

CADオペレーター求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.