2次元CADのCADオペレーター求人

CADオペレーター求人TOP >> 2次元CADのCADオペレーター求人

2次元CADのCADオペレーター求人

CADオペレーターが活躍する場も建築会社や土木会社などの建築業界や、機械メーカーや電機メーカーからアパレル業界のパタンナーまで実に様々です。さらに平面図を製図する2次元CADと、立体図を作成する3次元CADとあります。2次元とは面のことで、3次元とは立体のことです。ちなみに0次元は点のことで、1次元は線のことです。2次元のことを2Dと呼び、3次元のことを3Dと呼ぶこともあります。最近では3D映画が上映されることも多くなりましたが、3次元CADが立体的な製図を行うのに対して、2次元CADは平面図と思って頂くと分かりやすいかもしれません。

3次元CADが何かと注目を浴びていますがまだまだ、2次元CADが主流で製図設計の基本と言っても過言ではありません。2次元CADにも建築や建築設備や土木に特化されたCADや、機械や電機用のCADや配管や橋梁などで専用に使われるCADと種類もさまざまです。建築専用のCADは住宅やビルディングなどの建物などの建築物の立体を、平面図・立面図・断面図・透視図などとして製図をすることができます。また構造物のデザインを行う意匠設計や構造や設備などの、それぞれの図面群があり製図をするだけの建築CADソフトから、解析やシミュレーションなどを行えるものまで多岐に渡っています。

また2次元CADソフトには建築用に特化されたものではなく、自由に線種をカスタマイズできる汎用CADソフトのJw_cadも、広く建築業界では使われています。利用できる線も9種類あり無料でダウンロードが可能で、元々はDOS版で使われていました。それがWindows用になり名称もJW_CADからJw_cadになり、パソコンの画面上では太め線でも印刷では線の幅を細くするなどもできます。さらにクロックメニューと呼ばれるマウスをドラッグして、時計の針を回転させメニューを表示させ操作を行う機能も装備されています。

Jw_cadの他にも建築業界で2次元CADソフトとしてよく使われているソフトとしてはAutoCADが有名ですが、Jw_cadが2次元CADソフトなのに対してAutoCADには図面を作成する機能や、3次元CADソフトとしての機能なども搭載されています。また近年ではBIM(Building Information Modeling)と呼ばれる考え方が普及し始め、建物の設計や製図を3次元でする取り組みが行われています。ただ2次元CADソフトで製図されたデータと、3次元CADソフトとの相互連動にはまだ不具合が見られ、今後の課題でもあります。

2次元CADのCADオペレーター求人はこのサイトにあるマイナビエージェントや、リクルートエージェントなどの転職エージェントに数多く掲載されています。信頼できる転職エージェントばかりなので、安心して登録し転職の相談をして下さい

CADオペレーター求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.