CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーター求人TOP >> CADオペレーター転職の基礎 >> CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターの仕事内容はフリーソフトのJWCADなどの2次元CADソフトや、VectorWorksやAutoCADやDRA-CADなどの3次元CADソフトを使って製図をすることです。ただCADオペレーターが製図をするのも住宅やマンションなどの建築物や、電気製品や機械関係の図面や中にはファッション関係のCADオペレーターもいます。CADソフトも建築会社であれば建築用CADで建築物の平面図や、立面図を建築士などの指示に従って作ります。

戸建ての住宅でも営業から依頼を受けて設計図を作ったり、最近では3次元CADソフトを使ってその住宅のイメージさせたりCADを活用しています。契約が正式に決まれば設計図も何百枚にもなることも珍しくなく、役所などに提出する設計図だけでなく、同じ設計図でもクライアントが分かりやすいように違う角度から製図をしたりします。分譲マンションなどの大型の建築物件になれば、設計図の枚数も格段に増えてきます。

建築業界のCADオペレーターの場合は建築士などの資格は必要なくても、断面図や透視図を製図するためにはある程度の建築に関する知識が求められます。ただ建築物の設計も建築士が行っているのではなく地震が起きても建物が崩壊しないように、耐震構造計算で柱や梁の大きさから鉄筋の本数までが構造設計士が行っています。

建築士も建築専用のCADを使える人が増えていますが、建築士や構造設計士がいくらCADで図面を製図しても、CADオペレータとは呼びません。つまりCADオペレータとは建築士や、構造設計士の指図で製図するのが仕事なのです。ただ建築業界以外の機械メーカーや部品メーカーなどではCADオペレーターが、設計を兼ねているところもありCADの操作だけでなく設計もできると転職も俄然と有利になります。

本来はCADオペレーターの仕事は設計の分野まで必要ありませんが、設計ができればさらなるスキルアップを図ることも可能です。もし設計のことが学びたいCADオペレーターの方はこのサイトのランキング上位の、マイナビエージェントやリクルートエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの専任の担当者があなたが希望するようなCADオペレーターの求人の紹介だけでなく、応募書類を持参すればその添削から面接でのアドバイスまで全て無料で行ってくれます。是非とも転職エージェントを上手に活用して、転職を成功させて下さい。

CADオペレーター求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.