CADオペレーターの自己PR

CADオペレーター求人TOP >> CADオペレーター転職の基礎 >> CADオペレーターの自己PR

CADオペレーターの自己PR

新卒で就職活動を行うとは異なり転職ではこれまで何をやってきたのかや、今の自分に何ができるかや今後は何をしたいのかということをアピールする必要があります。つまり自己PRでは今まで何をやってきたかと何が自分にできるかに、今後はその経験をどう活かしていくのかという3点が大事です。転職活動の最初のハードルは履歴書や職務経歴書などの書類審査ですが、意外と履歴書を自分のプロファイルと思って軽視する傾向があります。

しかし実は企業の人事担当者は履歴書や職務経歴書の自己PRの欄を、しっかりとチェックしていてこれであなたがどんな人物で仕事に対する姿勢なども分かります。そのため応募書類の自己PRを上手に書くことで、書類審査で通過する確率もグッッとアップすると言っても過言ではありません。ただ中には自己PRを書く際に、自分のアピールなど思い付かないという人も少なくありません。

自己PRを書く場合にはこれまでの仕事で、上手くいった時のことを思い出してみましょう。そして次にその時にどんな状況だったかをよく思い浮かべて、その状況をどう対応してどう行動したかを思い出して下さい。その時に自分がとった行動で事態が、どのように好転したかが自己PRを書く大きなヒントになります。つまりどんな状況でどう考えどのように行動し、その結果がどうであったかの4つがポイントです。

次にスキルや資格を自己PRの欄に記入する場合にも、資格を苦労して取得したことを書いても駄目です。どんなに難しい資格でもあなたが応募する企業が、求めているスキルや資格でなければ何の意味もないからです。自分が持っているスキルや資格を転職先でどのように活かせるかを記載することで、企業の人事担当者があなたを採用した時のイメージが沸いてきます。

次に採用された場合には具体的に自分に、何ができるのかを人事担当者にアピールしましょう。いくらやる気がありますと自己PRで訴えても、そのやる気がなかなか人事担当者に伝わらないからです。大事なことは応募先の企業があなたに、何を求めているかを知ることです。CADオペレーターの自己PRも他の職種と同じで、CADオペレーターとして採用されれば会社に対してどんな貢献ができるかが重要です。

もし自己PRの書き方などがよく分からなければこのサイトのランキング上位のマイナビエージェントや、リクルートエージェントなどの転職エージェントの担当者に相談すれば親切に教えてくれます。

CADオペレーター求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.