CADオペレーターの向き・不向き

CADオペレーター求人TOP >> CADオペレーター転職の基礎 >> CADオペレーターの向き・不向き

CADオペレーターの向き・不向き

転職してCADオペレーターとしてやっていきたいと思っていても、本当に自分がCADオペレーターに向いているのかどうかが気になる人もいます。どんな仕事にも向き不向きはありますが、CADオペレーターにも向いている人と向いていない人といるのは事実です。大学が文系と理系に分かれているように、人も文系の人と理系の人に分かれています。文系の人は数学や機械が苦手で、理系の人は数学や機械を得意としています。CADオペレーターに向いている人の記事もチェックするといいでしょう。

そういう意味ではCADオペレーターの場合は数学や、機械が苦手な人には向いていないと言えます。図面には微積分の式が多く書かれていたり、出力した図面の線にも数字が書かれているからです。CADオペレーターの仕事は他で設計した図面の書き直しを行うこともあるので、数学が苦手だったり全くできないと仕事になりません。それとこの仕事は1日中CADと向き合って行う仕事なので、地道にコツコツと何かをやり遂げることが好きな性格の人は向いています。

しかしだからと言って人とのコミュニケーションが必要ないかといえばその逆で、設計者との打ち合わせやコミュニケーションが欠かせません。例えば設計者が書いた図面の文字が読みにくかったり、専門的なことなどは設計者に訊くしかないからです。そのため人とのコミュニケーションが苦手な人は、CADオペレーターに向いていないかもしれません。ただ営業職や事務職など他の職種でも同じことで、どんな職場でも人とのコミュニケーションは必要です。

どんなに給与や条件が良くてもその仕事を本気で好きにならないと、何かあった時に頑張りが効かずにすぐ辞めてしまう可能性があります。そのため転職する前に本当に自分がCADオペレーターに、向いているのかどうかをよく考えることが大事です。そのためには自己分析を行い自身を客観的に見つめ直すことで、自分が本当にCADオペレーターに向いているのかも分かってきます。自己分析は転職する際に必要なだけでなく、今後キャリアを形成していく上や、自分の人生を充実させていく上でも欠かせません。

もしCADオペレーターに向いているのかどうか迷っているのであれば、このサイトのランキング上位のマイナビエージェントやリクルートエージェントなどでは適性検査なども行っています。それに最初の面談で自分でも気付かないような強みなども指摘してくれたり、転職エージェントの担当者にお願いすれば自己分析のやり方なども親切に教えてくれます。


Copyright (C) 2014-2018 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.