CADオペレーターの資格

CADオペレーター求人TOP >> CADオペレーター転職の基礎 >> CADオペレーターの資格

CADオペレーターの資格

就職や転職をする場合に資格があれば、それが大きく役立つこともあります。また職業次第では応募条件として資格がないと、その仕事ができない業務独占資格も存在します。例えば人々の健康や生命を守る医師や看護師や薬剤師などの医療系の資格は、専門性が高く合格率も低く取得するまでには何年と掛かります。医師などの医療系の他にも一級建築士や公認会計士や弁護士などは、その業務を行う際にはその資格がなければ仕事を行うことが禁止されています。これは業務独占資格です。

同じ医療系の資格で介護福祉士や社会福祉士などは名称独占資格と呼ばれる資格で、その資格を持っていない人がその資格の呼称の使用が法律で禁止されている資格です。調理師や栄養士やマンション管理士なども名称独占資格ですが、ではCADオペレーターの場合にはどんな資格が必要なのでしょうか。CADオペレーターの資格としてCAD利用技術者試験などいくつかの資格がありますが、結論から言えば資格がなくてもCADオペレーターの仕事に就くことができます。

では資格がなくてもCADオペレーターの仕事に就職や転職を、することができるかと言えば資格を持っていた方が有利なのは間違いありません。つまり応募書類にCADオペレーターの資格を記載すれば、あなたがCADを使えることをアピールすることになるからです。いくら業務独占資格でないとは言って求人している会社も、CADを使えない人を採用する余裕などありません。スキルとか経験は別にしても最低条件として、CADが扱えることが応募条件になります。

ただCADオペレーターの資格を取得しても、現場で通用するかと言えば厳しいものがあります。そのため応募書類が通過しても面接で簡単な図面を書かされて、冷や汗をかいた経験がある方も少なくありません。ただ資格を取得しても即戦力にならないと言って資格を取らなかったら、CADオペレーターへの転職はその時点で難しいものになってしまいます。もしCADオペレーターへの転職を真剣に考えているのであればこのサイトのランキング上位の、マイナビエージェントやリクルートエージェントなどの転職エージェントに登録されることをお勧めします。

転職エージェントの専任の担当者が転職の相談にのってくれ、あなたが希望するようなCADオペレーターの求人を紹介してくれます。CADオペレーターの資格さえあればスキルや経験がなくても、応募できるような求人もあるので気軽に担当者に相談してみてはいかがでしょうか。

CADオペレーター求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.