CADオペレーターの将来性

CADオペレーター求人TOP >> CADオペレーター転職の基礎 >> CADオペレーターの将来性

CADオペレーターの将来性

昔からCADオペレーターの将来性については議論され例えば、建築や土木のCADオペレーターは公共事業が削減され度に将来性を悲観されてきました。また円高の時期は輸出が厳しい状況なので、機械関連のCADオペレーターの将来性は厳しいと言われ続けてきました。このようにCADオペレーターの将来性も時代の、景気・不景気に大きく影響を受けているのがよく分かります。

しかし2012年末に起きた政権交代で事態は一変し、建築業界や土木業界は復興事業や公共事業でバブル状態です。そのため多くの建築会社や土木会社では、CADオペレーターの確保に必死です。機械関連の会社もそれまでの円高から一転して円安傾向となり、機械関連などは輸出が好調でこちらもCADオペレーターの求人が活発化しています。その他の業界も景気回復の兆しが見え始めたことから、CADオペレーターの募集を行っているところが増えています。

このように景気が悪いとCADオペレーターの将来性が悲観されたり、景気が良くなれば逆にCADオペレーターの将来性が称えられます。つまりCADオペレーターの将来性と言うよりは、その業界の将来性や転職した会社の将来性次第なのです。CADオペレーターの仕事が将来的になくなることは考えにくく、今後もCADはものづくりにおいては欠かせない存在です。特にCADも2次元から3次元と移行していますが、今後はますますCADオペレーターの需要は増すことが考えられます。

ただCADオペレーターもこれまでのような単なるCADの操作を行うオペレーターではなく、設計や3DCADの勉強をするなどより専門性が高いスキルを身に付けないと生き残っていけないでしょう。CADオペレーターとしての将来性を決めるのは、業界や会社ではなくあなた自身だかです。世の中の変化の動きが早く、常に新たな発明や新技術が開発されています。そのため今の世の中で求められているのが何なのかをいち早く把握して、CADオペレーターとしてのスキルアップを図ることが大事です。

もしCADオペレーターへの転職を考えているのであればこのサイトのランキング上位の、マイナビエージェントやリクルートエージェントなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者がこの業界の将来性や、興味がある求人の将来性や採用基準なども教えてくれます。そしてその上であなたが希望するような、CADオペレーターの求人の紹介も行ってくれます。

CADオペレーター求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.