CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】

CADオペレーターの求人はどうやって探すの?

CADオペレーターはさまざまな業界で需要が高い職業です。 CADオペレーターの求人を探すなら、まずはリクルートエージェントなどの転職サイトに登録しましょう。建設・電気・機械設計などの業界にパイプがあるので、優良案件が多数揃っています。もちろん登録には一切費用はかからないのも嬉しいですよね。

CADオペレーター求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
転職成功実績No.1のリクルートエージェントでCADオペレーター求人を探しませんか。
約30万人が転職に成功しているので希望するCADオペレーター求人が必ずあります。
■CADオペレーターの求人であればベテランのキャリアアドバイザーにお任せください。
■面談でキャリアアドバイザーがどんな業界のCADオペレーター求人でもご紹介します。
■CADオペレーター求人の紹介だけでなくあなたの強みを引き出し転職を徹底支援します。
■CADオペレーター求人に応募する書類の添削から面接まで専任の担当者が全てサポート!
■サイトに一般公開されていない非公開のお宝のCADオペレーター求人も多数あります。
■2次元から3次元までリクルートエージェントには色々なCADオペレーター求人が満載!


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
登録者数が年間200万人のマイナビエージェントにはCADオペレーター求人が満載!
キャリアアップや年収アップも条件に叶うCADオペレーター求人が必ず見つかります。
■CADオペレーター求人に精通したキャリアコンサルタントが希望される案件をご紹介。
■建設業界とのつながりが強いマイナビエージェントにはCADオペレーター求人も多数。
■機械のCADオペレーター求人を探しているのであればマイナビエージェントにお任せ!
■電気のCADオペレーター求人も大手企業からベンチャーまでどんな案件でも探せます。
■未経験者やスキルに不安や心配がある方でも応募できるCADオペレーター求人も有り。
第2新卒者や既卒でもやる気があれば応募可能なCADオペレーター求人をご紹介します。


type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉
【当サイトがお勧めするポイント】
年間に100万人が活用しているtypeにはどんなCADオペレーター求人でも探せます。
■給与や勤務地や希望する業界からCADオペレーター求人を検索するだけなのでカンタン!
■CADオペレーター求人の検索もスキルマッチングや希望条件マッチングが転職をサポート!
71%の転職者が年収アップに成功しているtypeでCADオペレーター求人をゲット!
■CADオペレーター求人のことならばtypeのキャリアアドバイザーにお任せ下さい。
アパレル業界のCADオペレーター求人もtypeであれば探している案件が見つかります。
■土木業界や宝飾業界のCADオペレーター求人でもキャリアアドバイザーにご相談下さい。
■3次元CADに興味がある方もキャリアアドバイザーがあなたのキャリアアップを支援!


CADオペレーターの転職事情は?

CADオペレーターの転職事情ですが、CAD技術を持っている人材が不足している状態にあることから、企業の求人ニーズは依然として高い状況が続いていて、転職事情としては恵まれた環境にあると言えます。CADオペレーターの仕事は、建築・自動車・機械・家具など様々な製品の設計・図面をCADソフトにより作成することです。今はあらゆる業界・業種の工業製品ほとんどで企画・設計の過程においてCADを使用していて、設計・製図の分野においてはならないシステムとなっています。この為に建設業界をはじめとして、機械メーカー・家電メーカー・自動車業界などでの採用が積極的になっています。また、CADオペレーターは経験を積むことによりCADユーザーに操作方法を教えるインストラクターとして活躍することも可能で、その道も転職先として考えることができます。

CADオペレーターとして転職するには必須の資格は必要なくて、未経験であっても仕事にチャレンジすることは可能です。しかし現実的には求人する企業としてもCADの技術や設計・製図に関する知識があって即戦力として活躍できる人材を求めています。CADオペレーターとしての経験はもちろんのこと、資格を取得しておくと転職する際に有利となることは確かです。

CADオペレーターとして活かすことができる資格には、CAD利用技術者試験や建築CAD検定試験、3次元CAD利用技術者試験、またCADトレース技能審査などがあります。また転職の際に資格以外に求められる能力としては、正確さやスピードが要求されます。それから、設計士やデザイナーなどからの指示を理解できて見落とすことなく仕事ができる几帳面さも求められる点です。ただ各企業ではCAD自体がカスタマイズされていることが多くて、CADオペレーターとして転職した際にカスタマイズCADに苦戦することも少なくありません。そうしたカスタマイズに対しても、柔軟に対応できる経験と知識も必要と言えます。

先にも述べましたが、CAD技術を持っている人材が不足している状態にあることから、CADオペレーターの求人情報には経験者だけでなく未経験者の求人もあります。通常、未経験者の求人はCADオペレーターの補助的な仕事を担当する内容になります。未経験でCADオペレーターへの転職を考えているのなら、CADオペレーターの補助という仕事から入るのもひとつの方法と考えられます。そこで経験を積んだり資格を取得したりして、ステップアップする道もあることを知っておくと役立ちます。

CADオペレーターの転職のコツ

CADオペレーターの仕事に転職する場合も、経験者と未経験では随分と情況が違ってきます。やはり多くの企業では即戦力になる、経験者のCADオペレーターの採用を優先するからです。ただCADオペレーターと言っても業種によっても、転職情況も大きく異なります。例えば自動車の部品メーカーのCADオペレーターであれば、3次元CADオペレーターの募集が多く経験者が優遇されます。

機械メーカーなども設計ができるCADオペレーターの求人が殆どで、未経験にとっては転職は不利なことは否めません。電気関連や電子関連のCADオペレーターの求人も似たような情況ですが、建築関係やインテリア業界になると少し情況が変わってきます。建築関係は2012年末に行われた、総選挙を境に情況が大きく変化しました。この選挙で民主党から自民党に政権が変わると、世の中の景気が好転し多くの企業が業績を回復しました。

特に建築業界は東日本大震災の復興事業や、安部政権が大型の公共事業予算を組んだことで、バブルの様相を呈していて人手不足が深刻です。経済が回復し住宅やマンションの売れ行きが好調な上に、団塊の世代が定年を迎え住宅のリフォーム需要が出てきたからです。そのためどこの建築会社もCADオペレーターの確保に必死で、特に公共事業に関わっているところなどは年末から新年度の3月に掛けては最も忙しい時期です。

そのためどこの建築会社でも10月位からCADオペレーターの募集を行い、未経験でも数ヶ月間で研修を行い年が明けた頃から実務を担当させます。土木関係の会社も似たような情況で、ベテランのCADオペレーターの確保が困難な情況なので今は大きなチャンスだと言えます。インテリア業界の場合は建築業界とは違いCADオペレーターとしての経験が浅くて、業界経験であればこれまでの経験が採用の基準になることがあります。

いずれの場合も3次元CADオペレーターの需要が高まっていることと、設計ができる人材が求められているのは間違いありません。そのため転職の場合は経験者が有利であることも変わりませんが、業界次第では未経験でもCADオペレーターへ転職できるチャンスがあります。もしCADオペレーターへの転職を真剣に考えているのであればこのサイトのランキング上位の、マイナビエージェントやリクルートエージェントなどの転職エージェントで探してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの専任の担当者が経験が浅い方でも応募できる、CADオペレーターの求人を紹介してくれたりあなたの転職を全面的に支援してくれます。


Copyright (C) 2014-2018 CADオペレーター求人ランキング【※人気サイト比較】 All Rights Reserved.